ありがとうを心から 西東京バス株式会社

TRAINING & CAREER 教育・キャリア制度

DRIVER バス運転士 DRIVER バス運転士
CANDIDATE 運転士候補生 CANDIDATE 運転士候補生
MECHANIC 整備士 MECHANIC 整備士
CLERK 事務員 CLERK 事務員

入社から独り立ちまでの流れ

入社から独り立ちまでの流れ

入社から運転士になるまで

01 座学研修(知識)

訓練イメージ

研修センターにて、法令や社内の安全基準、健康管理の重要性など、運転に必要な業務知識のほか、お客様の立場になった接遇やマナー等について学びます。
また、適性検査の受診により、自身の運転特性を認識し、実際の運転に活かすためのアドバイスをします。
プロとしての第一歩が始まります。

02 運転基礎訓練

訓練イメージ

訓練イメージ

指導員による車両構造、車両点検方法、車いす乗降扱い、チェーン装着訓練などの実地訓練を行います。
その後、すぐに路上走行はいたしません。広大な敷地にて、死角・内輪差・オーバーハングなどの車両特性を理解し、S字・クランク・スラローム・車庫入れなど車両感覚を身につけます。

03 路上走行訓練(第一段階)

訓練イメージ

いよいよ路上走行となります。いきなり狭い道路等は走行しません。研修センター付近は大型車が十分走行できる環境にあるため、まずは広い道路で発進停止からギアチェンジ、交差点右左折など、基本動作が身につくまで学びます。

04 路上走行訓練(第二段階)

市街地や駅ロータリー等、路線経路上での走行訓練に入ります。指導員のマンツーマンによる指導です。

05 路上走行訓練(第三段階)

狭い道路やバス停での乗降扱い。お客様へのマイク案内を加えた走行や山間部、夜間走行など、実践に近い訓練です。最終段階となります。ここで合格すると研修センターを卒業となります。

06 営業所配属

ここでもすぐにお客様を乗せて運転はしません。まずは路線習熟と機器類の操作方法を学びます。その後、お客様の少ない時間帯から営業運行による実践教習が開始されます。もちろん指導員がマンツーマンで指導します。全てのことが一人でできるようになると、いよいよ独り立ちとなります。

07 独り立ち(独車)

全てのことが一人でできるようになると、いよいよ独り立ちとなります。
独り立ち後も指導員が定期的に確認します。何か疑問などがあれば、指導員が相談に乗れる体制をとっています。
また新人からベテランまで全運転士が年1回の研修を受講しています。さらに、営業所ごとにも各種講習会を実施するなど、研修教育体制が充実しています。
数年の運転経験を積み、技術の向上により、羽田成田空港までの中距離高速バス、長距離高速バス、観光バスなどステップアップを目指すこともできます。
さらに、新人や同僚の運転指導や安全性向上の取組などを担う指導員としてのキャリアアップも目指すことができます。

訓練イメージ

運転士候補生

高校および専門学校を卒業された方を中心に採用し、
当社は早くから運転士候補生として、バス運転士養成制度を導入。
本年で入社100名を超え、50名近くがプロドライバーとして活躍し、
現在も多数の養成者が活躍しております。
バス運転士になるためには、大型二種免許を取得する必要があり、
普通免許から3年以上経過しないと取得できません。
取得までの間、ビジネスマナーをはじめ、様々な業務知識を習得し、
実践でお客様対応することから、接客技術も高く、
バス運転士になった際にもお客様から好評いただいております。

運転士候補生から
運転士になるまで

【入社~1年目】2か月間の基礎教育

・社会人としてのビジネスマナー研修
・接客応対の研修
・路線習熟
・普通自動車免許を持っていない方は教習所で普通免許取得

訓練イメージ

【入社~1年目】営業所勤務

訓練イメージ

訓練イメージ

・駅前等やイベント時のお客様案内、乗客整理、発車案内等実践訓練
・事務業務の補助
(電話対応、窓口対応、会計業務補助、事務作業補助等)

【2年目】営業所勤務

訓練イメージ

・事務補助業務(レベルアップ)
・後輩指導

【3年目】営業所勤務〜大型二種免許取得

・2年目の業務継続
・普通免許取得から3年経過した方から、教習所へ通い大型二種免許取得

運転基礎訓練

研修センターにて、車両特性、運転基礎訓練1~3か月

訓練イメージ

【バス運転士】営業所配属

・運転士へ職名変更
・同期全員、運転者へ登用 祝賀会
・以降は、バス運転士の流れになります

訓練イメージ

訓練イメージ

入社から
プロの整備士になるまで

入社から独り立ちまでの流れ

入社から整備工場配属まで

基礎研修

訓練イメージ
  • ・車の構造の初歩知識、工具の名称・使い方、整備士の業務内容等、基礎知識を習得
  • ・車両を用いて車両構造・しくみを学びます。

【整備工場配属から1年目】

訓練イメージ

・先輩指導員によるマンツーマンでの実践訓練(OJT)

【2年目以降】

訓練イメージ
  • ・指導員から卒業し、点検整備業務に従事
  • ・3級整備士資格取得(国家資格)

【5年目以降】

訓練イメージ

訓練イメージ

2級整備士資格取得(国家資格)

【6年目以降】

訓練イメージ

  • ・整備主任者に任命。検査員資格取得(国家資格)
  • ・プロの整備士へ。

【キャリアアップ】

  • ・技術を極めトップ技術者を目指す
  • ・後輩への技術継承
  • ・整備業務の管理者となる

訓練イメージ

事務員

3日間の運行管理者講習を受講し、補助者となります。
その後自助努力により、
運行管理者資格(国家資格)を取得してスタートとなります。
運行管理以外にも必要な資格取得を支援する他、
社内外の研修を受講し、スキルアップを図ります。
総合職は更に将来の幹部候補生として、
人事異動により本社部門と営業所に勤務します。
キャリアアップを図り幹部として活躍してもらいます。

キャリアアップの流れ

【入社~配偶】

・導入研修(ビジネスマナー、会社概要)
・業務知識(各部署から業務の基礎知識習得)
・職場見学
・路線見学

訓練イメージ

営業所勤務

訓練イメージ

・営業所に配属となり、営業所が管轄する路線を習熟します
・売上集計、お客様窓口業務を学びます
・運行管理者基礎講習受講後、運行管理補助者として先輩からOJTによる実践訓練
・運行管理者資格取得(国家資格) 運行管理者に選任
経験を重ねたのち、その日の運行管理者としてバスの運行指示を行います。

【本社勤務:総合職のみ】

訓練イメージ

・営業所をサポートする部門をはじめ、管理部門として、人事、経理、総務、広報など、幅広い業務を経験していきます。
・本社勤務から管理職として、再び営業所勤務も経験します。