• HOME
  • 声優・鬼頭明里さんによるプレミアム車内アナウンス

声優・鬼頭明里さんによるプレミアム車内アナウンス/当該系統の丹波山村内区間において、歴史や風土の紹介を織り交ぜた停留所案内や、営業案内、注意喚起も含めた車載機アナウンスを声優・鬼頭明里さんが担当します。

車内画面に表示される「バス停表示」も特別なデザインがある…?
声優・鬼頭明里さんからのコメント

路線マップ 時刻表はこちら

雲取山登山口にして丹波山村の玄関口「鴨沢」

  東京都から青梅街道を通り県境を越えて山梨県に入ると、初めに出合う集落が鴨沢(かもさわ)です。県境である小袖川(こそでがわ)は、かつては武蔵国と甲斐国を、現在は東京都と山梨県を今も変わらず隔てています。バス停横には公衆トイレ、近くの「東部ふれあい館」にはお食事処があり、丹波寄りにある「山の休憩所かゑる」ではかわいいネコちゃんと軽食が楽しめます。

  日本百名山・雲取山は標高2017メートル、東京都最高峰の山で高い人気を誇る一方、登山コースは比較的距離が長く時間もかかるため、山頂北側の雲取山荘で一泊する二日行程が定番です。そんな装備で大丈夫か?と言われないようしっかり準備してから登山道に踏み入れてください。

時刻表はこちら

鴨沢

雲取山登山口にして丹波山村の玄関口「鴨沢」

鴨沢

  東京都から青梅街道を通り県境を越えて山梨県に入ると、初めに出合う集落が鴨沢(かもさわ)です。県境である小袖川(こそでがわ)は、かつては武蔵国と甲斐国を、現在は東京都と山梨県を今も変わらず隔てています。バス停横には公衆トイレ、近くの「東部ふれあい館」にはお食事処があり、丹波寄りにある「山の休憩所かゑる」ではかわいいネコちゃんと軽食が楽しめます。(留浦~鴨沢 徒歩約8分)

  日本百名山・雲取山は標高2017メートル、東京都最高峰の山で高い人気を誇る一方、登山コースは比較的距離が長く時間もかかるため、山頂北側の雲取山荘で一泊する二日行程が定番です。そんな装備で大丈夫か?と言われないようしっかり準備してから登山道に踏み入れてください。

時刻表はこちら

丹波山村内における各スポットのちょっと詳しい案内

お祭(おまつり)

お祭(おまつり)

  たびたび話題に上る珍しい名前のバス停です。ある歴史上の有名な人物が関係しており、村内にはこの人物に関連した名称が所々残っています。せっかくですのでぜひバス車内放送で答えを聞いて、その歴史を肌で感じて頂きたいです。バス停の丹波寄りから後山林道が分岐し、その先には「三条の湯」があります(現在崩落通行止)。バスを待っている間に行き交う車が途切れると、まるで山の木々と静寂に包みこまれるような感覚に襲われます。

時刻表はこちら

保之瀬(ほうのせ)

保之瀬(ほうのせ)

  丹波川が屈曲した場所に形成された集落で、バス停のある青梅街道からは急坂を下って集落へ至ります。集落内の薬師堂には鎌倉時代作と伝わる薬師如来像が祀られており、薬師堂を建立したのはお隣・小菅村を治めた小菅氏とされています。バス停から丹波方へ青梅街道を3分程歩くとカフェ「丹波RIVER(多摩里場・タマリバ)」があり、オープンカフェで自家焙煎コーヒー“雲取山ブレンド”はいかがでしょうか。(保之瀬~村中心部 徒歩約30分)

時刻表はこちら

丹波山温泉(たばやまおんせん)

丹波山温泉(たばやまおんせん)

  バス停を降りて看板に従って坂道を下ると「道の駅たばやま」に着きます。さらに丹波川への遊歩道を降りていくと立派な吊り橋が現れ、吊り橋を渡った先が「のめこい湯」です。”のめっこい”とは丹波山方言で「つるつる、すべすべ」という意味で、ほのかに香る単純硫黄温泉が日々の疲れを癒してくれます。館内お食事処では「丹波山狼ビール」「清酒・雲取山」があり、バスでお越しなら存分にお酒が楽しめますよ(でも飲みすぎ注意!)。
 ※「のめこい湯」は4/29から休業です。公式サイトをご確認ください。

時刻表はこちら

丹波(たば)

丹波(たば)

  丹波山村中心部の西寄りにある、西東京バス最西端の終点バス停です。注目すべきは昭和レトロの雰囲気抜群なバス停を覆う屋根と壁に貼ってある掲示物の数々。これらもいつまで残るかわかりませんので、今のうちにぜひ空気感に触れていただきたいスポットです。丹波バス停から少し戻ったところの丹波駐在所の隣にある和洋風の白い建物は旧郵便局で、こちらも雰囲気抜群ですので併せてご覧ください!

時刻表はこちら

かつては丹波から先もバスが走っていた!

昭和には青梅街道に沿って柳沢峠を越え、中央本線塩山駅まで行く急行バスがありました。山梨交通㈱と共同運行で、氷川駅(現・奥多摩駅)~塩山駅を2時間50分で結ぶバスが1日4往復走っていました。 昭和41年(1966年)8月に開通し登山客等に親しまれましたが、マイカーに押され昭和47年(1972年)4月に廃止となりました。
途中、丹波と柳沢峠では各5分の休憩時間がとられていた、長大路線のうちの一つでした。


※当ページに記載の各施設は予告なく休業する場合があります。
※道路通行止め等により一部バス停を通過する場合があります。詳しくはトップページのお知らせをご確認ください。
※道路渋滞等により所要時間や発車時刻が遅れる場合があります。
※お客様多数により目的のバスにご乗車いただけない場合があります。

ページトップへ